プロチームだけがスポーツではない。エスタジを25年率いて

サッカー、フットサル、ビーチサッカーなど、アマチュアチームで25年間率いてきました。アマチュアチームならではの悩みや運営など、社会や日々感じることを書き綴ります。

明日には夢叶う。

余りにも嬉しいので

1年ぶりにブログ復活です㊗️

 

 

 

やっと公式リリースされました、

中嶋監督のボルク北九州就任ニュース!!

 

f:id:kaeteku2019:20220307232034j:image

(この画像もダウポンチや清野くんの為にも!

と選んでくれました♪)

 


いやぁ、、

長かった。

 


中嶋さんを初めて観たのは

30年くらい前の

地域限定のローカル、テレビ佐世保

 


【GO GO AMIGO!!】

なるサッカーコーナーでした。

 


ポルトガル語で数を数えながら

子どもたちがリフティングしている姿、、

(後々聞くと、林田シンジたちであることが判明。)

 


え?なにこれ?

が正直な感想でした(笑)

 

 

 

それから社会人サッカーチームでアミーゴを知り何度となく対戦しました。

 

 

 

中嶋さんはその頃から

サッカーコーチが職業でした。

 


「あの人、B'zのメンバーやったとバイ!」

それが知り合いから

中嶋さんを最初に聞いた言葉です。

 


(事実、中嶋さんはB'zのバックバンドメンバー。⚠️ちなみにカラオケでは歌は歌ってくれない(笑))

 


現場をよく知ってる方々なら

ご存知だと思いますが、

スポーツといえば、

無料で教わるもの。

 


そう、アマチュアスポーツで

マネタイズするなんて

至難の業でした。

 


それでも中嶋さんは

信念を曲げず、

マチュアスポーツのプロコーチでした。

 

 

 

時は流れて、、

フットサルが流行の兆しを見せて来た

20年ほど前、、

 

 


関東リーグが日本最高峰で、

カスカヴェウやボツワナ

フウガ、ゾット、フトゥーロの情報を

むさぼり集めてた時代。

(ネットもそんな無かったので、

フットサルナビピヴォ!!が唯一の情報源の時代。DVDを死ぬほど観てた(笑))

 

f:id:kaeteku2019:20220307232320j:image

 


そんな時代に

フットサルを我々に、佐世保市長崎県

伝えてくれたのが中嶋さんでした。

本当に紆余曲折ありました。

 


元はといえば

ライバルチームの監督。

 


あるシーズン前に中嶋さんから話がある

とのことで話し合い、

電撃的にエスタジアミーゴフットサルの監督に、、。

(この時は今は無き梅田町のガストで語りましたね(笑))

 

 

 

 


それから中嶋監督とエスタジの関係は

スタートし、色んなとこへ行き、

(ペレスポルバ21やRD、ブラッカともトレーニングマッチを組んでくれました。

九州の英雄たちともこの頃から交流がスタートしました。)

 


中嶋監督の初めてのタイトルが

ピヴォチャンピオンシップでした。

エスタジがフットサルはじめて半年で九州王者へ。

そして、それから、

なんと3度もこの大会を優勝しました🏆

 


この全国大会では

フトゥーロとも戦ったし、

FDOとも戦ったし、フウガとも戦いました。

 


県リーグも頑張りましたが、

エスタジとしては公式タイトルは

なかなか恵まれず、、

 


そうこうしていると、

時代はFリーグがフットサルの史上最高峰のステージに移り変わりました。

 

 

f:id:kaeteku2019:20220307232353j:image

(教え子のシンジと。

多分、リフティングしてた小学生(笑))

 

 

 


2008年。

中嶋監督は

Fリーグを目指し、

長崎県を本拠地に

ヴェンセドーレス長崎を設立。

(この時もガストで話したような?笑笑)

長崎県選抜とも言えるメンバーで

挑みました。

が、やはり環境的なものが大きく、結果が上手く伴わず、2年ほどで監督を離れました。

 


この頃から

当時九州リーグのボルク北九州へアドバイザーとして行かれたり、

RDのコーチとして九州リーグに参戦されました。

 


そして、、

エスタジが解散の危機を迎えた時に

チームを支えて下さったのが中嶋さんでした。

 

 

f:id:kaeteku2019:20220307232437j:image


エスタジの監督に復旧が決定。

(この時は5番街のスタバで中嶋さんとメンバーとか考えてましたね笑)

 

 

 

エスタジの当初は5,6人。

県リーグ1部からの降格も

充分に考えられる戦力でした。

 


しかし、、

中嶋監督の努力と情熱、

そこからメンバーの奮起もあり、

選手は増えて、

なんと県リーグを制覇!

 


そして参入戦で初優勝!!

 


勢いそのままに九州2部を優勝!!

選手権では初のベスト8に導いてくれました。

九州1部ではそれこそ

経験値の無い選手たちの分を

カバーしてくださり、

1シーズン目は5位

2シーズン目も厳しい状況の中、

7位でフィニッシュという成績を収めてくれました。

単なる努力では補えない部分を戦術と練習で

チームを支えて下さりました。

 


そして、、

新シーズンに

遂に、、遂に、、

ボルクバレット北九州から

正式オファー㊗️

 


これ聞いた時に、

本当に涙が出ました。

(何故か知らないけど、うちの奥さんに真っ先に伝えてしまいました笑)

 


中嶋さんほど、フットサルを愛し、

フットサルのことしか考えてない人を

僕は知りません。

 


趣味と実益、

好きなことで生きていく。

 


みたいなことを

ここ最近はよく聞きますが、

中嶋さんは30年前から

プライド持って、それをやり続けました。

(そこを支えた奥さんのよっちゃんは本当凄すぎる。多分、よっちゃんは、ボルク?

へーそうなの?くらいの感じと思う笑)

 


マチュアスポーツをマネタイズすることが

禁じ手(というか認識がなかった)だっただけに、協会やスポーツともよくぶつかったりされたと思います。

(でも、本当、学ぶ為に、

時間もお金もめちゃくちゃ使ってましたからね。

ブラジルも行き、タイも行き、

A級コーチのライセンスのために

箱根も行かれました。

ポルトガル語など外国語も学んでますし、

新聞などもしっかり読まれてます。)

 


それでも諦めずに

愚直に真摯にフットサルと向き合いました。

エスタジのトレーニング動画を毎回撮って、

振り返りをし、気になるポイントを指摘してくれました。

言っておきますが、

動画撮影は試合ではなく“毎回の練習”です。

 


正直、プロの監督でもそこまではされてないんじゃないでしょうか?

(プロじゃなったことないから知らんけど(笑))

 


中嶋さんとエスタジで

目標と夢を持って

進んでおりました。

(シーズンスタートのミーティングの時には選手に話しておりました。)

 


が、

それよりもだいぶ早く、

中嶋さんは夢を叶えてくれました。

 


多分、ほとんどの人は、

え?うそ?まじ?中嶋さんが?

みたいな感覚だと思います。

 


何しろ、

地域リーグの監督から

日本最高峰の

F 1リーグの監督なのですから。

 


Fリーグの経験なし、

選手でも、コーチでもなく、

F 1の監督に就任されたのは

かなり稀有な事例ではないでしょうか?

 

 

 

そういう意味では中嶋さんを選ばれた、

ボルクバレット北九州のフロントの皆様の

白羽の矢はまさに、さすが!!

というしかございません。

めちゃくちゃボルク好きです!笑笑

 


いやぁ、、長かった。

出会って20年?

本当に色んなことを

語り続けましたからねぇ。

 


九州中を色々移動する中で、

中嶋さんと良く話していたのが、

フットサルの盛り上げ方!!

 

 

f:id:kaeteku2019:20220307232603j:image

(Fの頂でお馴染みの中井健介選手と^ ^)

 

 


そして、やはり、

フットサル選手、チームとしての

人柄や人間力なんですよね。

 


不義理だけは

してはいけない。

表面だけで付き合っては

いけない。

信念なくして、

損得で動いてはいけない。

 

 

 

 

 

 

人間教育、

チーム教育、

そこにフォーカスを当てておられたと

思います。

 

f:id:kaeteku2019:20220307232706j:image

(頂杯の会場設営も積極的!!)

 

 

 

 

たくさんのことを

学びました。

 


あ、それと、

無類の猫好きです🐱

 


ボルクバレット北九州の皆様、

そんな中嶋監督です(笑)

どうぞ、よろしくお願いします。

 


そんなこんなで、

プロ選手を輩出したアマチュアチームはたくさんあるでしょうけど、

 


プロ監督を輩出したアマチュアチームというのはエスタジ以外にほとんど無いんじゃ無いでしょうか?

そう言う意味では

プロの中嶋監督輩出チームとして

エスタジ佐世保の名前が、

世の中に広く認知されたらと思います(笑)

 

 

 

 


エスタジ佐世保と中嶋監督とは

並々ならぬ間柄でありますから、

なんだって紹介できます(笑)

 

 

【夢叶う】

というモンゴル800の歌がありますが、

明日には夢叶う〜🎵

というほど

簡単ではないものの、

いつの日か夢叶う

という言葉を実現して下さりました。

 


多分、20代前半からプロコーチをはじめられて、プロ監督に就任したのが51歳。

 


忍耐と努力があれば、

夢は叶うものです。

(忍耐だったかどうか知りませんが

努力は間違いなくなされました。)

 


地域リーグの選手や、

地域リーグの監督の皆様には

物凄い刺激になると思います。

いつの日か、

夢、

叶えましょう。